FC2ブログ

桑田さん お疲れさんです。

890a1a26.jpgお疲れ様です。

青学3年だったかな?

「渚のシンドバット」デビュー以来

30年間走り続けた桑田さん

しばし休憩してください。

金沢では、僕が歌い続けますのでご心配なく。

僕の生カラオケ聞きたい方は、僕の行きつけの店に

ご来店あれ。

一緒に、楽しく酒でも飲んで語り明かしましょう。

信仰は愛と似ている。どちらもおしつけることはできない。

信仰は愛と似ている。どちらもおしつけることはできない。
             - ショーペンハウエル -

いい言葉ですね。

財団法人

財団法人(ざいだんほうじん)とは公益法人の一つで、ある特定の個人(大手企業の創業者や皇族が多い)や企業などの法人から寄付された財産(基本財産)で設立され、これに対する金利を主要な収入として運営する法人である。簡略表記は(財)。

---------------------------------------------------------

少なくても、赤字企業の大阪府が寄附する必要はありませんね!

OLのエッチ事情?

★ 「彼の部屋派」「自分の部屋派」「ホテル派」にキレイに分かれる
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 気になるOLのエッチ事情、どこでエッチするの?の質問に「彼の部屋派」33%、「自分の部屋派」28%、「ホテル派(ラブホテル+シティホテル)」34%とそれぞれキレイに分かれました。これは、実家の人と1人暮らしの割合に関係する模様。
 「憧れのシチュエーションがある」と答えた人は全体の47%。キラキラとしたシチュエーションが多かったようです。女の子は雰囲気に弱いと言われるのにも、納得です。
 反対に最悪だったシチュエーションは雰囲気で最悪というよりも、そのときに起こった出来事が“最悪”というパターンが多いようです。これ以上最悪な思い出は増やさずに、キラキラと素敵な思い出を増やしていきたいものですね。

------------------------------------------------------------------------

予想通りの答えですね。

キラキラとした、シチエーションてどんなですかね?

年賀状は良い習慣だ。

独女通信 / 提供元一覧

【独女通信】“女ともだち”のメンテナンス

大阪在住のユカさん(39歳)は転職して2年目。現在の職場の女性はみな若いか、ずっと年上の人ばかり。もともと積極的ではないので、仕事が終わって一緒に食事に行くこともあまりない。週末は前の職場で知り合った彼氏の家にいくか、一人で映画を見にいくという。昔からの友人は結婚してなかなか会えないか、独身の友人も自分に彼氏ができてから、あまり会わなくなっていた。新しい友人を作らないのかと聞くと「面倒臭いの。趣味の集まりとかに行けばできるのかも知れないけど、もともと出不精だし」とのことだ。ユカさんの家族は心配の言葉を漏らす。「もし彼氏と結婚せずに別れてしまったら、あの子は誰と話をするのかしら」。

今年の4月に発売された「女ともだち - 生まれるとき、育つとき、壊れるとき」という本には、女の友情の複雑さが多面的に描かれている。著者の岸本裕紀子氏は“女ともだち”の比重が昔より増しているが、その関係は「恋愛以上に微妙だ」としている。役立つ情報をもたらしてくれるのも、困ったときに助けてくれるのも、落ち込んだときに慰めてくれるのも女ともだち。女ともだちとの蜜月は恋人のそれ以上で、恋人とのデートよりずっと楽しい時間を過ごせることも多い。

しかし「別れ」や「破局」のダメージもキツイ。著書に登場するエピソードでは、友人に対して、「自分は何番目か」が気になったり、嫌われているのではないかと不安になったり、幸せに嫉妬したり、無意味に疎ましくなったり、勝手に失望したりする。

実はユカさんは学生時代、周囲が羨むほど友人の多い女性だった。しかし、受験の失敗による無職時代に、だんだん友人に会うのが辛くなっていったそうだ。そこには「劣等感」よりも「話が合わないだろう」「気を使わせるだろう」という遠慮があったという。これはユカさんだけに限らない。独女と既女の間では「仕事の話をしても自慢に聞こえたらイヤだし、どうせわかってもらえない」「夫の愚痴も惚気に聞こえるかも知れないし、子育ての悩みも興味ないだろう」と、お互いに距離をとってしまい、疎遠になってしまうのはよくある話だ。

岸本氏は「相手は自分のフィールドではないから、悩みは理解できないはず、というのはうそで、もしお互いの性格をわかっているなら、相手の話をちゃんと聞けたり、けっこう有益な助言ができたりするものである」としている。女の偏差値に振り回されて一度切ってしまった友情はナカナカ元には戻らないそうだ。まずは「自分が付き合える部分で繋ぎながら、ふたりの関係をゆるく保っていけばいい」とのこと。

そして「愛情にも友情にもメンテナンス」が必要だとしている。アツアツ期がすぎるとふたりの関係は下降線をたどるが、そのままにしておけばふたりの関係は終わる。大切にしたい友人とは年に何度か食事をしたり、メールをしたり、カードを出したり、用事がなくても連絡したりするものだとか。「恋人」と同じで、女ともだちも、つなぎ留めておく努力が必要であるということなのだろう。

さて、ユカさんのように「すでに友人がほとんどいなくなってしまった人」とどうすればよいのだろうか。30歳を過ぎると新しい友人を作るのが難しいと良く聞く。結婚をすると環境が変わったり、ママ友だちができたりと、新しい出会いも多いが、独身女性は友人に出会うチャンスが少ない。だから自分から出会いを探すしかない。

趣味の集まりや、会社のイベントに顔を出したり、学校に通って出会いの場を探すのも手だが、「コミュニケーションをとろう」という積極性がなければ、なかなか仲良くなれないもの。「拒否されるかもしれない」という不安は、学生時代より大人の方が強いのかもしれない。

福祉関係の仕事をするユキコさん(29歳)は、おとなしい女性で会社のイベントでも隅で小さくなるばかりだった。「大勢の集まりは苦手です」と語るが、最近会社の歓迎会で、別の部署の女性と仲良くなれた。「いつも遠目で見てたんですけど、彼女と友だちになりたくて、エイヤって気持ちで声をかけてみたんです。そしたら、すごく気があって、2人で二次会しちゃいました」とのこと。まるで合コンでの抜け駆けのようだ。自分から誘わない、なんていうプライドは、チャンスを逃がすだけ。恋人探しも、友人探しも、このポイントは同じようだ。

ユキコさんの話で、もうひとつ重要なのが「彼女と友だちになりたくて」という部分。上記「女ともだち」は次のような文章で締めくくられていた。「一番大事なのは、実は自分の姿勢なのである。自分は職場の人間の悪口ばかり言って、好奇心もなく、ぐだぐだ過ごしているくせに、でも頼りがいのあるいいともだちがほしいなどと言っても、相手はこちらに興味を持ってはくれないだろう。まずは、相手に『この女性と、ともだちになりたい』と思われるような人間になることだ」。(オフィスエムツー/真鍋しまこ)

■参考資料
・「女ともだち - 生まれるとき、育つとき、壊れるとき」

----------------------------------------------------------------------

継続は力なり。

親しき中にも礼儀あり。

問題は内にあり。

友達と便利屋は違う。

親友は1人いれば充分だ。友達は多いほうが良いけれど。

結局は、まめに連絡取らないとね。

年賀状は良い習慣です。

愛さないと愛してくれないですよ。

まずは、自己改革です。

これがわからないと、いつまでも、子供だと言われますよ。

つまりあの子は自己中だと。

易しく言えば、単なる我がまま娘。

最近は一般的な女性像かも知れませんよ。

他人の目は恐いですよ。
プロフィール

hk23744

Author:hk23744
僕の生まれは、加賀百万石伝統の城下町「金沢」です。
金沢(18年)・彦根(4年)・大阪(3年)・奈良( 2年)・千葉(1年)・横浜(22年)・金沢(7年)沖縄(1年)・2013年4月〜金沢に戻る
そんな中で、色々な人と出会い色々な事を経験しました。
このブログの中で、今思うことを綴って行きたいと思います。
「ネアカ イキイキ ヘコタレズ」をモットーに、

カウンター
link
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アルバム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる