FC2ブログ

「最初のデートでセックスが6割 」アメリカの話し 本当ですかね?

最初のデートでセックスが6割

 世の中は食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋。でもニューヨークは発情の秋! 今月はタイムズスクエアに全裸男が現れ、逮捕されるまでの数分間真っ裸で歩き回った。さすがのニューヨーカーも仰天。旅行者は「やっぱりニューヨーク」と大喜びしたばかり。セックス特集やセックスアンケート結果が、新聞・雑誌を賑わしている今日このごろだ。

 アメリカのあるボディーウオッシュメーカーが、女性の性癖調査を全米で行い、その“都市別HENTAI(変態)度ランキング”を発表した。ナンバーワンはマイアミ、続いてLA、ニューヨークも堂々(!)3位に食い込んでいる。

 サンプルは2000程度とはいえ、それによると、半数以上のニューヨークの女性が手錠をつけてセックスをしたことがあった。6割が最初のデートでセックスまでこぎつけ、7割がセックスファンタジーとして「ただの男友達とのセックス」を挙げている。パンティーをはかずにバーに行ったことがあるのは4割。

 ケーブルテレビ局のセックス番組「イン・ユア・パンツ」の司会をするアナ・デービッドによると、アメリカの普通の女性がどんどん性的にエスカレートしているそうだ。それもレジャー感覚で楽しむ分にはいいが、「変態中毒症」になる困った人も多い。

 前回紹介したタイムアウトNY誌のセックス特集でも、アメリカ人の6%以上がセックス依存症だと断言している。ニューヨークの地下鉄で70人以上の女性の足をなめて、ついに去年逮捕されたジョゼフ・ワイアーという変態男を例に挙げて、「こういう人にはサポートグループがありますよ」と救いの手まで差し伸べている。

 アメリカにはアル中や麻薬中毒のリハビリがあるように、「セックス中毒リハビリプログラム」があるのだ。

 アメリカでは「日本人はセックスをしない」という悔しい定説がある中、「HENTAI」の定着ぶりは喜ばしいこと?

(ささききん・NY在住)

【2007年10月25日掲載】 ゲンダイネット / 提供元一覧

サラリーマン時代たまに読んだ新聞ですが、本当ですかね?

女性が積極的過ぎますよね!

日本の実態はどうなんだろう?

単なる欲望の開放なのだろうか?

男性は特に若い時、無性にしたくなる

性衝動がありますけどね。

肉食のアングロサクソンと米食のアジア民族との

違いだろうか?

誕生日

今週の木曜日から11月になります。

白山の紅葉は最高に綺麗だろう。

また、11月20日は僕の誕生日

このブログを書き始めてから1年11ヶ月になります。

金沢に戻ってから2年9ヶ月、早いものです。

僕の好きな歌に

吉田拓郎の「今はまだ人生を語らず」があります。

戦国時代の織田信長が「人生50年」と言いましたが

「人生80年」の現代から考えると

僕の年齢は、戦国時代で言えばまだ30代前半です。

生涯青春で頑張ろう。

「『美しい国づくり』企画会議」 無駄使い5000万

会合2回で5000万円のムダ遣い

2007年10月20日10時00分

 安倍前首相が立ち上げた政府の「『美しい国づくり』企画会議」のムダ遣いが明らかになった。

 この会議、画家の平山郁夫氏ら有識者12人を集めて4月に発足したが、会合を開いたのはたったの2回だけで、9月に解散した。政府が16日に閣議決定した答弁書によると、わずか2回の会合に、なんと5000万円近い国費が投じられたというから何をかいわんや。

 内閣官房が支出したそれら経費の内訳は、職員9人の人件費約1600万円、事務所費約3100万円、通信・交通費約200万円の約4900万円とベラボーな額だ。

 で、実績はというと、「日本特有の生活様式や気質を問うアンケート」というお粗末さである。

 それでも答弁書は苦し紛れで「わが国の良さ、素晴らしさを国民が再認識する機会を作った」と意義を強調している。

【2007年10月17日掲載】

ゲンダイネット / 提供元

北陸中日新聞にも掲載されてましたが

一般の国民からすれば、考えられない無駄使いですね。

どうゆう基準で人件費や事務諸費を計算したか分かりませんが

例えば人件費ですが、5ヶ月で9人1600万だとして

1人1ヶ月あたり35万になります。

地方だと大黒柱の収入じゃないですか?

それも専任で考えた場合です

2回しか会議を開かなかったのに。

通信交通費にしても200万あれば

ハイヤー60回かタクシー120回以上は可能だし。

事務所費の3100万は、どうしてかかったか

想像がつきません。

民間では忙しくて悲鳴が上がっている企業が

確かに収益を上げています。

それにしても、国家予算の10倍近くの借金を抱えている

政府のやることじゃないですね。

世界経済の10%を占める日本のトップは

責任重大な国です。

もっと真剣に真面目にならないと。

喫煙率、男性40%=16年連続低下、女性は若干上昇-JT調査

◎喫煙率、男性40%=16年連続低下、女性は若干上昇-JT調査

2007年10月17日17時54分

 日本人の喫煙率は26.0%と、前年比0.3ポイント低下し、過去最低を更新したことが17日、日本たばこ産業(JT)が成人男女を対象に5月に実施した調査で分かった。このうち、男性は前年比1.1ポイント低い40.2%、女性は逆に0.3ポイント上昇して12.7%だった。

 2006年に調査方法が若干変わったが、喫煙率の低下は男女合計が12年、男性が16年連続。女性は2年ぶりに上昇した。JTは喫煙率低下について「高齢化や健康に関する意識の高まり、規制強化等が影響している」(IR広報部)と分析している。 


時事通信社 / 提供元一覧

日本人の4人に1人がタバコを吸ってるとのこと

男性は4割だそうです。

JTは、将来のタバコ販売金額の減少を予想して

医薬品の開発等を進めている様ですが

何と言っても微妙に価格を上げてくるところが

中々上手いところですね。

ストレスが無くなる気がするのが

吸ってる人の言い訳です。

1個1000円にすれば、買う人は激減しますよね。

体には悪いと思ってはいても、何となく吸っている人には

価格政策が一番の禁煙対策なのだけど。

タバコ栽培をしている農家の方もおられますし

ずばっと行かないものなのでしょう。

格差社会

米国内の格差が拡大、富裕層の所得増加が顕著に
2007年 10月 15日 06:56 JST

[ワシントン 12日 ロイター]

 米内国歳入庁(IRS)の最近の統計によると、米国内の貧富格差が、少なくとも過去25年で最も広がっていることが明らかになった。

 統計では、2005年に最富裕層の1%が稼ぎ出した所得は米国内所得全体の21.2%だった。この数字は2004年の同19%から大幅に拡大しているほか、過去25年で最高だった2000年も上回った。

 株式市場が上げ相場にあった2000年は、最富裕層の1%が稼ぎ出した所得は全体の20.81%だった。

アメリカほどひどくはないけれど(ほとんど同じかも知れない)?

日本でも確実に格差が拡大していると思う。

努力は報われると言うものの

スタートに差があると、なかなか追いつけない。

地方を活性化し、雇用を創出する為には

大手企業の工場立地と地場産業の育成が必要だ。

分かっていても、最後は資金力か?

地方の方が暮らしやすいから良いかと

自己満足に陥っていて、諦めている人が

多すぎないだろうか?

この傾向は、益々進むと思う。

宮崎県の東国原知事は、頑張ってると思う。
プロフィール

hk23744

Author:hk23744
僕の生まれは、加賀百万石伝統の城下町「金沢」です。
金沢(18年)・彦根(4年)・大阪(3年)・奈良( 2年)・千葉(1年)・横浜(22年)・金沢(7年)沖縄(1年)・2013年4月〜金沢に戻る
そんな中で、色々な人と出会い色々な事を経験しました。
このブログの中で、今思うことを綴って行きたいと思います。
「ネアカ イキイキ ヘコタレズ」をモットーに、

カウンター
link
カレンダー
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
アルバム
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる